「ザ・ベンチャーズ ジャパンツアー」日本に愛され、日本のファンを愛した

ザ・ベンチャーズ

「ザ・ベンチャーズ ジャパンツアー」日本に愛され、日本のファンを愛した
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

62年に初来日してから、今年が55年目。日本国内での公演回数も2500回を突破。

ベンチャーズ (The Ventures)は1959年結成の、アメリカ合衆国のインストゥルメンタル・バンド。特に日本に於いてはビートルズと並び、後の日本の音楽界の全般の影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

出典 http://

ザ ベンチャーズ スペシャル ライブ.

バンブルビーツイスト Bumble Bee Twist '65 【Resize-HQ】 The Ventures

朝日のあたる家 The House of the Rising Sun '65 【Resize-HQ】 The Ventures

聴衆に新鮮な楽しみを与える、魅惑の♪テケテケ♪サウンド

ベンチャーズが日本で人気が出たのは2回目の来日(1965年1月、アストロノウツなどとのパッケージツアー)で、ドン、ボブ、ノーキー、メルの4人で行った日本公演からであった。彼らは専用ギターである、モズライトのギターを真空管アンプにプラグ・インすることで生まれるラウドなサウンドで、たちまち日本の若者たちをとりこにし、日本に於いて一大エレキ・ブームサーフ・ミュージック・ブームを巻き起こした。
アンプのリヴァーブをフルにし低音弦をスライドさせて、トレモロ・ピッキングを行う「トレモロ・グリスダウン」奏法(日本では一般的に「テケテケ」と呼ばれる。

出典 http://ja.wikipedia.org

ノーキー・エドワーズも自身の高齢と体力低下により、2017年の来日ツアーが最後の来日となることを表明した

現在も世界各国にファンがおり(但しアメリカ本国ではあまり多くない。しかしエアロスミスがベンチャーズをリスペクトしている事は有名)、コピーバンドも多数存在する。特に日本では老若男女問わず存在し、さらには子供や少女だけのコピーバンドまでいるほどである。これは、日本との特別な関係や、与えた影響という観点から、日本の音楽史に無くてはならない存在ともなっているのは間違いない事実である。1996年にメル・テイラーが、2009年に結成時のメンバーであるボブ・ボーグルが他界したが、今もなお現役でステージに立ち続けている。2009年に結成50周年、2014年に結成55周年を迎えた。
2010年春の叙勲にて旭日小綬章を受章した。

出典 http://ja.wikipedia.org

ザ・ベンチャーズSNSツイート



旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!