趣味の園芸 プランターで育てる イチゴ

趣味の園芸

趣味の園芸 プランターで育てる イチゴ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

イチゴは4月から苗でスタートもできるが、初心者は秋の10月上旬~11月上旬が植え付けに適している。早く植えたほうが育ちが良く4月以降にたくさん収穫できるからだ。
 普通の長細いプランターであれば、3株まで可能。買った苗であれば、ポットから取った苗と土は、そのままつけたままで、植えつけます。午前中に植えるのが良い。
 プランターに入れる土は、イチゴ専用培養土、または野菜専用培養土が初心者には初期での肥料などを考える必要が無く簡単で便利だ。
 植え付け直後は苗の生育を促すため、毎日2回以上、こまめに水やりをする。
 11月~2月の冬季、朝の気温が0℃以下になるような時期に室内が常に0℃以上である場合は、日当たりが良い室内で飼育するのが良い。
 その場合、冬でも花が咲いて、実がなる場合がある。ただし、花粉は人工授粉必要。室内の温度が25℃前後の際に、綿棒で軽く撫でればよい。
 どうしても最低気温が0℃以下になるような屋外で冬も育てる場合は、寒さ対策(ワラや寒冷紗などを株に被せて保温)が必要。寒くなるとイチゴは休眠状態となるので、水やりはたまにで充分。なお、もし、冬季に花が咲きそうだったら、雌しべは気温マイナスで死んでしまうので、3月前に咲いた花は取ってしまうのが無難。
 3月に入る頃には、イチゴは休眠状態から徐々に活動を開始するので、寒さ対策を解除。その代わりに、マルチングを行う。
 マルチングとは、土に黒いビニールシートを被せて、株だけが顔を出している状態にする。
 マルチングは、土の温度の上昇、雑草の発生防止、雨や水やり時の泥がはね上がりって葉の裏について病気になることの防止、いちごの実の腐敗防止等々の効果が期待できる。

出典 http://www.benridayo.jp

鉢植えイチゴ プランターいちご2015.11〜2016.3.12収穫まで

甘くなるイチゴの実をならせる方法

イチゴの植え付け方法 植える向き

今年もベランダイチゴが育ちました(*´∀`)

イチゴ栽培セット(ハーベリーポット)

「苺が赤くなったんだよ!」 娘達が朝一番に報告してくる。 何年か前からプランター栽培している苺が収穫できる季節になった。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ